流れ

こんにちは。 晴天と酷暑続き後の曇り空にすこしほっとして、風が吹くと全身でその涼気を感じたくなります。 息苦しいほどの猛暑は、自然と呼吸が浅く速くなってしまいがち。 水分補給や休息はもちろんのこと、落ち着いた【呼吸】も大切です。 ほんの数分でも、静かで落ち着いた環境を見つけて、背筋をすっと伸ばして、軽く目を閉じ、眉間の緊張を手放します。そして今、自分が行っている呼吸を丁寧に観察してみましょう。 呼吸の深さや速さ、肩で呼吸をしていないか、身体全身に呼吸が届いているか。呼吸の通り道、気道が滞っていないか。自分自身の身体と同時に呼吸そのものを優しくそして丁寧に見てあげます。 水も呼吸も「流れていること」が大切です。特にこの暑さの中では、滞っていてはじわじわと熱を帯びてしまいます。美しい自然の川は優しい流れを止めず静かに透明でした。見ているだけでココロが落ち着き心地いい。身体の中の川、呼吸が通る気道や血液の道である血管、速すぎずそして滞ることなく、静かに丁寧に流れていますか? 暑い日はいつも以上に、【呼吸・気道】に意識を向けてみましょう。

梅雨明けに胸を開く

梅雨明けを迎えて本格的な夏がやってきました。 すっきりと晴れ渡った高い空は気持ちいいですね。 植物も育ち、大きく広がり伸びる季節。 人間も自然の一部。 梅雨で少し重くなったココロもカラダも、心地よい後屈のアーサナで解放。 青い夏空に向かって伸びて行きましょう。 気持ちも明るくなりココロが開いていくのを感じます。 後屈のアーサナでは深い呼吸を意識し、胸をゆっくりと引き上げていきます。 長い背骨を感じ、お臍(へそ)はきゅっと引き入れお腹・腰回りを薄く強く保ち、腰への負担を減らします。 【シャラバ・アーサナ | Salabhasana | バッタのポーズ】 うつぶせになり足は腰幅を保ちます。両手を背中で組み、肩甲骨を中心に寄せて胸を開きます。 吸う息で組んだ両手を足の方に引っ張るイメージでゆっくりと胸を空側へ引き上げます。 胸が持ち上がったら、大きく息を吐きます。 次の吸う息で、両足も持ち上げ、組んでいた両手は体側で手のひらを上にし足の方向へ伸ばします。 この状態で丁寧に数呼吸行います。 背筋を鍛え背中全体を引き締めると同時に、太ももの引き締めにもなります。夏の後ろ姿も美しく! 何よりも、胸が開くことで自然とココロも解放され、気持ちが明るくすっきりするのが感じられます。

梅雨明け前の猛暑

先週までの梅雨空から一転。 ここ数日は一気に夏空が広がり、太陽のエネルギーと風のエネルギーがすごいですね。いきなりの猛暑に身体もびっくりの方も多いのでは^^。 梅雨時は身体に水分がたまり、気づかない間に身体が冷えていることも。そこに来てこの猛暑。身体の発汗機能がスムーズに働かないと体内に熱を帯び、熱中症を引き起こしやすくなってしまします。普段から身体を動かし、代謝を上げ発汗できる身体作りをしておくことで熱中症予防につながります。 梅雨時期にたまった水分や老廃物を排出しないまま、冷房の効いた室内に長時間いること、また冷たいものばかりを摂ることは、ますます身体を冷やします。冷えは心身の不調のもと。 ヨガで行う深い呼吸は血流を促し、冷えの緩和に効果的です。新陳代謝がもたらされることで、体内の老廃物が排出されやすくなり、デトックスへと繋がります。むくみも取れ、肌のくすみの解消などにもいいですね。 深い呼吸を心がけ、適度に身体を動かすこと。必要な汗をかき、新たな水分を補給し、常に身体の内側から循環させておくことが大切ですね。 【ヴィーラバドゥラ・アーサナ Ⅰ Virabhadrasana Ⅰ 戦士のポーズⅠ】 とてもエネルギッシュなポーズです。今日は身体全身で自分自身の内側のエネルギーの流れを感じてみましょう。後足から骨盤へ、踏み込む前脚のパワー、そして骨盤から背骨を通じて頭頂へ。暑さに負けない強いエネルギーを全身で感じます。 毎週火曜日 HitotsuYoga@白楽です。 11:00~12:00 19:30~20:30 皆様にお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

七夕☆たなばた

七月七日。七夕です。 新暦でお祭りする地域と、旧暦にちなんで8月にお祭りをする地域があります。ここ、横浜界隈は7月が多いですね。 中国からアジアの各地へと伝わった七夕行事。織り姫(織姫)とひこ星(牽牛)由来の伝説や謂れは各国や地域に少しづつ違った内容で伝わっているようです。そして、笹や竹に短冊を飾りお願ごとをするのは、日本独特の風習とのこと。せっかくなので、お願ごと、しちゃいましょ^^。 高い空へどこまでもすっと伸びる笹竹。晴れの日は涼しげな木陰を作り、心地よい風に揺れる笹の葉の音。そして、雨の日に漂う笹の葉の緑色の清涼な香り。慌ただしい心を沈めてくれるように感じます。 笹の葉には抗菌作用もあり、笹の葉寿司(美味しいですよね!)や和菓子など笹の葉で包まれているものが多いのも納得。古(いにしえ)から伝わる自然を取り入れた生活の知恵は素晴らしいですね。この先も受け継がれていきますように。 今日はすぅっーと夏空に伸びる竹のように、背骨に意識を向けて動いてみましょう。背骨の長さに意識をむけると、自然と骨盤が立ち、胸も目線も空に向かって広がっていきます。そこから、次へのポーズへと移ります。湿度の高いこの季節にぴったりなツイスト(ひねり)のアーサナも、背骨の長さを意識して行うことで、心地よい呼吸が保たれより効果的なアーサナへと繋がります。 毎週火曜日HitotsuYoga@白楽です。 11:00~12:00 19:30~20:30 皆様にお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now