時空を超えたひとつき

こんばんは。 2週ほどご無沙汰してしまいました。 お元気ですか? 私事ですが、年末年始とかなりてんやわんやな日々が続きました。 お引越しに伴うあれこれ。 短期間での各地への往復。 横浜、上海、新潟、ドイツ。 12月の物件探しの上海3日間。 心配していた大気汚染もなく爽やかな青空が広がっていました。 お陰様で、住居もなんとか見つかりました。 そして近くにヨガスタジオも!! 上海からもヨガ事情、上海ライフをお届けしますので、よろしくお付き合いくださいませ。 短期間に続いた移動、年明けドイツ往復で8時間の時差。 20数年以来の嬉しい再会や忘・新年会が続いて、懐かしい話から近況報告まで。なんだか時空を超えてしまったかのような不思議な浮遊感を味わったひと月でした。 先週になってようやく空いた時間にいつものスタジオへ。 足を踏み入れるだけで、ニュートラルな状態へ近づけます。 さすがに体力もギリギリだったので、リラックスのクラスに参加。 この日に限って、最初の30分は呼吸と瞑想から。 まさに必要だったことが与えられた!という本当にありがたい気持ちで。 (こういうタイミングを、いつのまにか受け取れるようになったなぁとつくづく。) その後、呼吸に合わせたゆるやかなアーサナを行って、 身体が内側から広がって皮膚でも呼吸を感じるようになります。 身体の輪郭が収縮と膨張を心地よいリズムで繰り返すのを観察。 浮いていた魂がすぅーーっとあるべき場所へと落ち着きました。 3年近く通い詰めたこのスタジオにもあと少しだと思うと寂しくなります。多様なクラ

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 あらたな一年も 皆さまにとって さらに健やかで 笑顔の多い年に なりますように。 お正月はいかがお過ごしでしたか。 私は故郷新潟で新年を向かえてきました。 久しぶりに雪が少なく、青空を垣間見れるお正月でした。 昨日、横浜に戻りました。 帰り道の第三京浜からは、 紅の夕日に映えた美しい富士山が姿を魅せてくれていました。 ****************************************** 【チン・ムドラー cin-mudra 知恵の印】 チン「思う、考える、注意する」、 ムドラー「象徴、印」「カラダを使いある意味を表すこと」などの意。 ヨガの前後や呼吸法、瞑想の際に、安定する座法で座り 両手で【チン・ムドラー】を結び、軽く膝や腿の上に置きます。 結び方は、親指と人差し指で輪を作り、 残りの中指・薬指・小指は自然に伸ばします。 仏さまのお像でもよく拝見しますね。 二本の指(親指と人差し指)を繋ぐことは梵我一如。 大いなるものと自我をひとつにすることを表します。 ・親指・・・大いなる宇宙、神、真理、ブラフマン ・人差し指・・・小さな宇宙、自我、アートマン 残りの三本の指は何を表すのでしょう。 ・中指・・・プライド・sattwva サットヴァ ・薬指・・・欲望・rajas ラジャス ・小指・・・無知・tamas タマス チン・ムドラーは大いなる宇宙(親指)と自我(人差し指)を繋げ、 残り三本の指が示す、プライド(中指)・欲望(薬指)・無知(小指)を 遠ざけることを意味し

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now