棗(なつめ)と蓮の実

中華食材ではお馴染みの棗と蓮の実。 粽(ちまき)や薬膳鍋、デザートに入っていたりするので 気づかずに頂いていたことも 笑。 せっかく中国にいるのだしと、初めて棗と蓮の実を煮てみました。 ネットでそれぞれ検索するといろいろ出てきますが 初心者らしく、シンプルに煮て、最後に蜂蜜で甘味を加えます。 実は以前、棗やデーツが苦手でしたが、 ここ数年で平気になって まさか自分で調理することになるとは。 体質同様、味覚も変わるものですねー。 蓮の実はまったく見当もつきませんでしたが ことこと ことこと 弱火で1時間くらい。 灰汁の多さに少し驚きましたが 丁寧にすくう作業もまた楽しかったりして。 棗は良く洗ってから半日水に浸して そのあとはひたすら ことこと。 それぞれいい具合に柔らかくなったら蜂蜜たっぷり。 一晩おいてなじませて。 そのまま頂いてもほっこりと美味しくできあがりました! 早速、ヨーグルトと一緒に朝食に。 さらに、鉄瓶で沸かしたお湯を注いで棗茶風に。 二杯目にはジンジャーシロップも加えて。 身体がぽかぽか^^。 中国では『一日食三棗、終生不顕老』と言われているそうで、 一日三つ棗を食べると老いないとのこと。 栄養面では、鉄分やカルシウム、ビタミンB群が豊富。女性には嬉しいですね。 冷えやむくみ、貧血や婦人科系によく、精神安定や不眠症にもお勧めのようです。 蓮の実にもビタミンやカルシウム、カリウムが豊富だそうです。 自律神経を安定させてくれたり、女性ホルモンのバランスを整えてくれるそう。 胃腸の機能を整えたり、疲労回復を促したりと、こちらも優しい

素食餐厅で新年ランチ会

春節も明けようやく普段の上海に戻りつつあります。 ひとつよが@上海でもYoginiたちとの初の新年ランチ会を行いました。 美味しく楽しい時間を過ごしたのはYOGINIらしく素食(sù shí)レストラン。 お肉やお魚を用いない精進料理です。 中華版ヴェジタリアンレストラン。 言われなければまるでお肉のような食感やヴォリューム。 素材は全部お野菜やキノコ類、大豆製品などからできています。 野菜の旨みや食材の特徴が引き出されていて本当に美味しい。 お店の雰囲気も、調理や盛り付けもモダンなお店で、サービスも良かったです。 皆さんのお話や笑顔、そして美味しい食事に満たされた時間でした。 【ひとつよが】を立ち上げたときに馳せていた思い。 YOGAの語源ユジュ=(牛や馬を荷車など繋ぐ時に使う頸木|クビキ)。  繋ぐという意味を持つヨガ。 YOGAを通じて心身が繋がり、更にはこうして人と人が繋がっていくこと。 ここ上海でもこうして小さいながらも形になって 素敵な笑顔や優しさに包まれていること。 こんなにも素敵な方々とヨガをご一緒させて頂けること。 本当にありがたいことです。 今回はご都合合わずご参加できなかった方もまた次の機会に是非ー^^。 たまにはマットの上でだけでなく楽しく美味しい時を過ごしましょう! いつもいつもありがとうございます! ナマステ。 レストラン:大蔬无界 天平路392-1号(近衡山路)

YOGA in LAOS ラオスでYOGA

旅先でもYOGAができるようにヨガマットやヨガタオルを荷物に入れています。 気候やロケーションが良ければ公園やビーチなど、 お天気が悪ければホテルの部屋で。 どこでもほんの少しのスペースさえあればできるのがYOGA。 その土地の自然や空気を感じながら身体を動かしたり、瞑想したり。 もちろん、ドロップイン(飛び込み参加)できるスタジオやクラスがあれば訪れます。 今回もラオスのルアンパバーンで参加してきました。 悠々と流れるメコン川を臨むテラス。 UTOPIAというレストランの一画。 世界各地からのバックパッカーや旅人がのんびりと時間をすごしています。 クラスが始まる直前にテーブルやクッションなどがさーっと片付けられ、 あっという間にヨガ空間に。 世界中から観光客が訪れる場所柄、毎日数クラスが開催されています。 (クラスは英語のクラスがほとんどで、ラオス語のクラスもありました!) 講師も参加者もいろんな国の出身でなんだか楽しい。 大きな空の下で自然の音や空気に包まれての時間は本当に贅沢。 いつもと違う場所、初めての土地でYOGAを通じて自分自身に向かい合う時間がとても面白い。 環境が変わることで、自分自身の中で変化すること、そして変わらないことがゆっくりと見えてくる。 旅先でなくとも、いつもと違う空間でのYOGA、いいですよ。 是非試してみてくださいね。

ラオスの旅

上海から你好! 中国のお正月=春節休みにラオスに行ってきました。 中国雲南省の南、ヴェトナム、カンボジア、タイ、ミャンマーに囲まれた内陸の国。 日本の本州と同じくらいの面積で人口は約691万(2015年)。 乾季と雨季があり今はまさにカラッと晴れた乾季。 毎日青い空が広がり昼は30度、日が沈むと20度くらいという、ととても過ごしやすい季節でした。 言葉はラオ語。タイ語と近いらしくお互いにある程度は通じ合うようです。 観光地でのホテルやレストラン、食堂では英語が通じます。 ラオスの人々は穏やかでのんびり、そしてシャイで静かな印象でした。 例えば、中国ですっかりなれてしまった車のクラクション。 交通量の増えてきたラオスの街中も渋滞が発生していますが、クラクションは聞こえません。車もトゥクトゥクもバイクも自転車ものんびり。みんな譲り合っているし、みんな待っている。どこかへいち早く行こうとか、自分が先に通るぞ、という焦りや急かす様子がまったくない。 またはトゥクトゥクや市場など、他の東南アジアの国では押しも強いし値段も倍以上に言われることが多いのですが、ラオスではそう言った押しの強さが全然ない。 長い歴史や自然環境や地理、そして敬虔な仏教国であることが、こうした人々のメンタルに影響しているのでしょうが、ふと大切なこと忘れかけていることを気づかせてくれました。 首都ヴィエンチャンは年々開発が進んでいるようですが、それでもまたアジアの原風景が残っています。​ ラオス二つ目の行先は街全体が世界遺産に登録されている古都ルアンパバーン。 ラオエアでヴィエンチャンから飛行機で45分。 メ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now