ハニージンジャー 蜂蜜生姜

こんには。 上海から你好! 酷暑・猛暑・豪雨・雷雨の2017年の夏。 ここ数日でようやくようやく 一日の最低気温が30度を下回ってくれるようになりました。 空、風、陽射し、街路樹。 日に日に季節が移り替わっていくのが分かります。 とは言え、まだまだ残暑に汗をぬぐいながらの日々ですが^^。 こちらは この夏何度となく作ったハニージンジャー。 お陰で? 夏バテも夏風邪とも無縁で8月を終えられそうです。 生姜も蜂蜜もそれぞれ身体にいいのは皆さんご存知だと思いますが。 代表的なところでは下記のような効能あると言われています。 生姜: ・免疫力UP ・疲労回復 ・抗酸化作用 ・解熱効果 ・鎮痛・消炎作用 ・血圧の調整 ・発汗作用・・・など 蜂蜜: ・抗菌・殺菌作用 ・美肌効果 ・整腸作用 ・疲労回復 ・安眠・・・など 作り方というほどではないくらい簡単。 作り方: ①良く洗った生姜を薄切りにして殺菌消毒した瓶に詰める。 ②生姜が全部浸かるくらいまでたっぷりと蜂蜜をいれ蓋をする。 以上。 生姜は皮のすぐ下の部分に風味が多く含まれているので 新鮮できれいに洗えるのであれば、皮ごとスライスしてもオッケーです。 30分もたたないうちに生姜から水分が出てきます。 このシロップをお水やお湯で割ったり。 私はレモンを絞って、炭酸水で割って飲むのが大好きです。 世界一美味しいハニー・ジンジャー・レモン・ウォーターと自負しています^^。 冬の定番は黒糖を使ったジンジャーシロップですが 蜂蜜だとよりさっぱりして夏はこちらです。 シロップを使い終えた

新潟の夏。ほんの少し東京の夏。

こんにちは。 上海から你好! お盆は故郷の新潟で過ごしできました。 海に山に青々とした田圃。 夏の風景です。 子供のころから親しんできた弥彦山。 台風一過の青い空と澄んだ空気に 日本海に浮かぶ佐渡島まで良く見えました。 そして新潟に帰ると必ず頂くのがヘギ蕎麦。 つなぎにフノリ(海藻)が練りこまれていて つるんと喉越しがよいのです。 小嶋屋総本店さんにて。 そして新潟でもYOGA STUDIOへ。 地元の三条市からは少し離れているのですが 新潟市にあって海が目の前の【YOGA SPA YogaayuH】。 ヴェジタリアンインドレストラン、 アーユルヴェーダ、 スタジオを揃えたYOGAの総合施設です。 1Fにあるヴェジレストラン ハヴァナダイニングではランチビュッフェ。 お野菜中心のインド料理にインドカレー。 一番楽しみにしていたアーユルヴェーダトリートメントは既に予約がいっぱいで諦めました。 次回は早めに予約しなくては! スケジュール的に受けられたのがタイの自己整体法と言われる『ルーシーダットン』のクラス。 動きやポーズ自体は優しいのですが、呼吸と動きのタイミングがYOGAとは逆なんですね。 (ルーシーダットンとは→こちら) 5日間を新潟で過ごして東京へ移動。一泊のみ。 歯科治療や野暮用を終えて 夜は東日本橋にあるスタジオ【ロータスエイト】。 『Yin and Yang』のクラスで心身を整える。 グラヴィティヨガがベースになっている陰ヨガでした。 こうしていろいろなスタイルのYOGAを受けることは勉強にも刺激にもなります。 そして、何より母国語でのYOGA

満月のサンカルパ。そして、ほおずき。

こんばんは。 上海から晚上好! 相変わらず厳しい暑さの続く上海。 空模様はここのところ曇天。 湿度が高くじっとりとしています。 昨夜はものすごい大嵐。 暴風に豪雨に雷鳴、稲妻。 眼下に見える公園の大きな木も今にも倒れそうなくらい右往左往不規則に揺られていました。 幸い倒れることなく今朝はいつものように真っすぐとそびえ立っていて一安心。 どれほどの強い根を大地に張っているのでしょうね。 屋根の下の部屋の中ですら、雷やら暴風に心揺らいでしまう自分と比べ そのままで、大きく揺られながらもただただ佇む自然のタフさに敬意を示さずにはいられません。 今も南の方の空からピカリピカリと雷の光が届いています。 今日の満月は残念ながら厚い雲の向こう側。 残念ながら今宵の空に満月は見れませんでしたが。 まぁんまるのほおずきをごクラスにご参加頂いているヨギーニさんから頂きました。 沢山の満月がここに!! ありがとうございます! 実は食べるの初めて! 甘くてトマトのようで香りは梨のようで。 ほおずきの季語は秋なんですね。 暑いとはいえ立秋をむかえ季節は確実に秋に向かっています。 【満月のサンカルパ】 今日のHatha Yogaのクラスでは【満月のサンカルパ】を行いました。 【サンカルパ】とはサンスクリット語で意思・決心・目的・強い願いなどの意。 自分自身に強く誓いをたてるように【サンカルパ】を行います。 今日は満月ということもあり。 これから新月に向けていろいろなモノゴト手放す時期。 満ち足りたところから、手放していくとき。 不要な執着、 無駄な心配や後悔、ためらい。 やめたい習

タイ、そして内モンゴルからのお土産

こんにちは。 上海から你好! 【ひとつよが】のクラスにご参加頂いている方々からの珍しいお土産。 みなさんの旅の思い出話とともに異国情緒あふれる美味・珍味? ありがとうございます。 どれも初めて頂くものばかりだったので興味津々。 タイからはなんともきれいな青いお茶。 英語名は『バタフライ・ピー・ティー』 タイ語では『アンチャン』。 茶葉はマメ科の植物のお花を乾燥させたものだそうです。 日本でも少し話題になっているようですね。 最新情報に疎い私は知らなかったf^^。 この青い色に含まれるアントシアニンが眼精疲労やアンチエイジングの効果もあるそう。 レモンなど柑橘系のものを加えるとほのかにきれいな紫色へと変化します。 この暑い夏に見た目も涼し気で癒されます。 同じタイからもうひとつ。 『タマリンドが挟まったバナナチップス』 これは知っている方も多かった(私はこちらも初めて!)。 タマリンドの酸味とバナバチップスの相性の良いこと! 今度タイに行くことがあればこれは買ってきたい! こちらは内モンゴルからのインパクトのあるお土産。 『ウルム』という乳製品。 (*ウルムについてこちらに詳しく掲載されていました。) パッケージもなんとも素朴、これぞ内モンゴルの風景的な! 遊牧民族気分満載です。 淡白なバター? 濃いヨーグルト? サワークリームのような。 スコーンに添えられているクロテッドクリームのような。 現地の人はパンに塗って食べているとのこと。 そのままお味見してみると。 癖のない酒粕のようにも。 塩コショウとオリーブオイルを混ぜてディップにしたり。 またはオリ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now