Chair Yoga with Music @Cafe Berber

こんにちは。 12月2日(土)に開催される【Yoga and Music @ Cafe Berber】。先日、会場となるチュニジア料理レストラン Cafe Berberさんで打ち合わせを行ってきました。 昔ながらの上海らしい街並みにある老房子の3Fにあります。 雰囲気のある階段を3Fまで登って扉を開くと・・・。 チュニジア風のインテリアと大きな窓からの緑、そして素敵なお二人の笑顔が目に飛び込んできます。 通りの喧噪からは想像できないほと静かな環境です。 大きな窓が中庭の方に向いているからですね。 お昼の2時くらいにお邪魔したのですが、柔らかい晩秋の陽射しが お店に差し込んでとっても心地よい空間です。 チュニジア出身のご主人ハマディさんはとにかくユニーク! ずっと楽しいジョークを連発してくれました。 奥さまのちひろさんは、一目見るだけで温かく心の広い方だというのが伝わってきます。 お二人ともナチュラルでとっても楽しくて素敵なご夫婦。 ギタリストのとも(下田藤百史)さんがチェアヨガを体験したいということで 急遽マンツーマンで(笑)クラススタート。 ココロに響く癒しの音を紡ぐ ミュージシャンともさん。 あっという間にご自身の呼吸に導かれリラックスしながらアーサナをとったり 呼吸法でも集中できていたようです。 当日は呼吸法やアーサナに合わせて癒しのギターをバックで奏でてくれます。 心地よい音とYOGAとの相性は抜群です。 クリスタルボールやシンギングボールなどYOGAと音とのコラボレーションも広がっていますね。 上海で出会った ともさん の癒しのギターと ひとつよが

大阪・奈良・京都・神戸 そして再会

先週金曜日から二泊三日で関西へ。 かなり自由な社員家族旅行に同行です。 LCCピーチの早朝便のため家を出たのは午前3時半! おかげで、10時には関西空港について ランチ時間にはばっちり大阪に到着。 関西スルーパスは3日間乗り放題。 大阪・奈良・京都・神戸へのアクセスにとっても便利でお得でした。 (海外在住の日本人も年間通して購入可能です!) 初日は大阪でランチをした後にさくっと奈良へ。 お決まりの鹿さんたちと戯れて。 紅葉に華やぐ山肌、高い秋空、母なる大地。 早起きの疲れもあっという間に癒されました。 そしてその日の夜は、大好きなこの人と再会です! 上海の皆さんはご存知MakiYogaのまきちゃん!! お好み焼きを肴にもちろん止まらぬヨガトーク。 出会いは私が上海に再来した2016年。 つい最近なのに、随分前から知っているような。 Maki Yoga Studioでは陰YOGAのクラスを持たせてもらったり WSや年明け108回太陽礼拝を一緒に行ったり。 相変わらずキレイでナチュラルなまきちゃん。 環境が変わってもモチベーションを保ち 頑張って活躍している姿に こちらも元気と勇気をもらってきました。 今年初め突然の本帰国を知らされた時には 驚きと寂しさでいっぱいでしたが、 時々上海にも来てくれるし こうして日本でも会うことが出来たり。 離れても必要な人とはこんな風に きちんと会ってハグし合うことが出来るのですね。 またすぐに会おうね! 2日目は若干雨降り。 それでもせっかくなのでやはり京都へ。 今回の行先は宇治の平等院。 他のところより少しは人混みを避け

陰ヨガ 冬の経絡 腎&膀胱

こんにちは。 上海の街中も秋がぐっと深まり銀杏の葉も黄金色に色づいています。 快晴の空に映えますね。 落葉樹は紅葉したその葉をはらはらと落とし始めて冬支度。 秋色の風景が広がっていますが、暦の上では立冬を迎え、冬が始まりました。 ちょうど今週の火曜日が立冬でしたね。 陰YOGAクラスでは冬の経絡へのアプローチを開始しました。 陰陽五行論での冬の五大元素は『水』。 この時期しっかりと養生して滞りないように気を付けたいのは『膀胱(陽)』と『腎(陰)』の経絡です。 『膀ー腎』のペアは【誕生・成長・生殖】の礎、身体全体の陰陽バランスを維持するための土台とされていて、身体の水分を調整し、司っています。 腎臓は体液のバランスを整え、血圧や糖代謝の調整、血液から老廃物を取り除く泌尿機能など、身体の水分を司るシステムに大きく影響しています。 膀胱は腎臓と相補って、尿を貯め、老廃物として排尿します。 寒さが訪れ冷え込む季節、身体の中の水分調整がうまくいかなくなることで、冷えが増し、冷えが増すことにより様々な不調へと繋がります。 感情面では『恐れ』の感情と関わりがあり 精神面では、抑制的、恐怖、強迫観念などと関連があるとされています。 感覚器官は『耳』、体内組織は『骨』。 冬が近づき、冷たい風に吹かれると耳が冷たくなって身体の芯=骨まで冷えていく。 経絡の中で最も長い【膀胱の経絡(陽)】。 目頭から始まり、額、頭頂、後頭部、2本に分かれ背中、臀部を下り腿裏へ、膝裏で再び一本になり、外くるぶしを通り、足の小指へと繋がります。 【腎の経絡(陰)】は膀胱の経絡から繋がり、足の小指を起点に

Chair Yoga with Music

再びギタリスト下田藤百史(ともふみ)さんとのコラボレーションです。 この度は、チュニジア料理レストランCafe Berberさんにて。 椅子に座ったままで出来るチェアヨガと小さな瞑想を行います。 藤百史さんの奏でる癒しのギターとともに。 年の瀬の12月、少し早いですが一年を振り返る時間、 慌ただしい時期だからこそ、落ち着きを取り戻す時間、 2017年、一生懸命にがんばった自分への小さなご褒美にいかがですか。 ヨガが初めての方、身体の固い方、男性も女性もお気軽にご参加いただけます。 お問合せ・ご予約は Wechat 131 6252 8692 koko夏梅 まで。 *ひとつよがにご参加いただいてます方は、私へのご連絡でもOKです^^。 追記:お陰様で満席となりました。ありがとうございます!

工事現場からの逃走とKindleデビュー。

こんにちは。 ブログの更新を少しさぼってしまいました。 11月。 上海もすっかり秋が深まっています。 夕方には少し厚手のコートが必要です。 ここ数日はお天気も良くて本当に心地よい。 でも。 どうも気持ちが落ち着かない。 ココロもささくれ立ってきているような。 生理前だったり 更年期まっただ中の年齢だったり。 それ以外にも いろいろ思い当たることはあるのですがww。 おそらく大きな原因のひとつは・・・。 お隣の部屋の大改修工事。 少し前に住人の方が引き払って 賃貸物件から売り物件になり、割とすぐに売れたようで。 業者の出入りが何度か続き。 そしてある日突然。 ダダダダダダーー、 ガーンガーンガーン、 ズドドドドーー。 (ちょっと覗いたら、ほんと、工事現場!家の前はレッドカーペットならぬ、業者の養生シート!) 解体作業が始まりました。 床も壁も全部取り払ってスケルトン状態までの解体です。 伝わってくる音、振動、なかなか堪えます。 マンション自体古くもなく、設備もしっかりしているのですけれど・・。 購入された方がゼロから改装するというのは割とよくあることのようで。 まさか、お隣さんがそうなるとは・・・。 ということで、ここ3週間ほど毎日毎日工事現場の隣に住んでいるような状況です。 もちろん17時半くらいには作業を終えて静かになるのですが。 そんなわけで、 家にいてもまったくもって、落ち着かないどころか 騒音・振動にやられまくってます。 ココロもささくれます。 解体の騒音が最も激しいとのこと、その作業が終われば もう少し落ち着くのでしょう

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now