春便り。年賀状。手紙。

日本から各地の桜の写真。 うっとりと楽しませて頂いてます。 いつもありがとうございます。 上海は一足先に開花を迎え 今は満開の時期を過ぎ 既にはらはらと散り始めています。 どこの国にいても 桜の花が咲いていると 立ち止まってしまう 見上げてしまう やっぱり日本人だなぁ。 と。 ライラックも 優しい薄紫色の花から 芳しい香りを放っています。 街路樹のプラタナスは 一斉に黄緑色のは若芽を芽吹き始めました。 この葉がみるみるうちに大きくなって 夏の陽射しに優しい日陰を作ってくれるのです。 上海は春と初夏が一気に訪れる。 FBやインスタなど リアルタイムで 桜や春の便りが届いているこの季節。 ポストには一枚の年賀状が! もう3月も下旬になったこの時期に。 毎年こんな風に 忘れたころに やってくる。笑 (去年は6月頃にも一枚届いた記憶が) ここまで遅れて届くと 疑念やら 可笑しみより むしろ 心のそこから 愛おしくなる。 たった 10センチ×15センチほどの 小さな紙片。 さほど厚さもない たった一枚の紙。 海を渡って 空を飛んで。 大陸を旅したのか 倉庫で冬眠していたのか。 数ケ月。 よくぞ よくぞ ご無事で。 私の手元までの長旅。 本当にお疲れさまでしたと。 そんな気持ちにもなりますよね。 メールやSNSやメッセンジャーで 瞬時に連絡を取り合えるこの時代。 手紙ってやっぱり嬉しい。 遅れて届いた年賀状の差出人は SNSを一切やっていない大学時代の友人。 メールアドレスでは繋がっているけれど 私がどこへ引っ越しても 毎年必ず手書きの年賀状を送ってくれます

桜の季節は。

3月。 桜の季節。 再会@日本。 お別れ@上海。 なんだかココロもカラダも落ち着かず。 嬉しさに 寂しさに。 日本でも 開花宣言のニュースの後に 降雪・積雪予報。 何とも目まぐるしい。 春の天候が変わりやすいように この季節は何かと 私たちの暮らしの中でも変化の多い時期。 卒業・入学・異動や新生活。 暮らしの中でも変化が多い3月・4月。 ひとつよが でも3月だけで 3人ものヨギーニ仲間がが上海生活を終え 日本や次の土地へと旅立ちです。 3月。 上海での寂しいお別れもあれば 久しぶりに日本での再会に心も踊りました。 先週水曜からの一時帰国。 横浜時代に一緒に練習をしていた二人と 平日の朝一@原宿 Deus。 大好きなToshi師匠のクラスに参加してきました。 初めてトシ師匠のクラスを受けた時の 言葉に出来ない何かが YOGAって何だろう?と。 私がティーチャートレーニングを受ける決心を固めてくれたのです。 2年半ぶりの師匠のクラスでしたが 何年たっても 身体もココロも大喜びな90分。 トシ師匠が 上海に来てくれるますように! 上海で一緒にYOGAして小籠包食べれますように! と、小籠包の神様にお願いしています^^。 去年の秋に上海をあとにしたIzumiちゃんとも再会。 そろそろIzoomiの活動もスタートさせるようで楽しみです! That's 居酒屋!で語る語る! 楽しかったねー。 美味しかったねー。 お互い頑張ろうね~~! しゃべりすぎて 2人の写真撮り忘れたねーー。 ティーチャートレーニングで一緒に切磋琢磨した ヨギー

陰ヨガ 春の経絡 胆・肝

10日ほど前にふっくらしていた公園の木蓮の蕾。 ここ数日の温かさに一気に開花しました。 空気の澄んだ日の 春の青空に とってもきれい。 寒かった冬の間 ぎゅっと縮まっていたところからの広がり。 開放。 解放。 本当に気持ちよさそうに咲いています。 春も本番。 木のように四方八方に広がっていくエネルギー。 拡張・広がり・排出。 春のエネルギーです。 木の根は更に深く 枝は伸び 蕾が膨らみ 葉も茂り始める。 【陰陽五行】 春のエレメンツ(元素):木 その性質は: 木のように枝、根など四方に伸びる 成長・広がり・外向き・排出・柔軟 方角:東 気候:風 色:青緑 味覚:酸 臓器と経絡:肝(陰)・胆(陽) 体内組織:腱・筋 感覚器官:目 排出液:涙 感情:怒り⇔思いやり 春に整えたい経絡: 【胆嚢(陽)と肝臓(陰)】の経絡 *経絡とは「気・血・水」を全身に運ぶ通路で、全身に網の目の様に張り巡らされているものです。 中国最古の医学書の古典である「黄帝内経」では、 肝臓は心臓に次いで二番目に重要な臓器であり、 精神面では性格や感情を司る「魂」を宿すとされています。 肝臓は英語で“liver”。 ドイツ語のdie Leber が語源。 “Leber”という名詞は動詞“leben”=生きる から。 中医学的にも西洋の考えにおいても 古来より肝臓が『生きる』ことと繋がる臓器だったことが分かります。 肝臓の主な機能は血液の貯蔵・循環・自律神経の調節など。 胆嚢は肝臓で作られた胆汁を蓄え、消化の際に分泌します。 ちなみに肝臓や胆嚢の位置。 分かりますか? 胃の右上にあるのが

春のランチ会

こんにちは。 お雛様ですね。 春節も終えて 日に日に温かくなってきている上海。 3月に入った途端、一気に春の気配に包まれたよう。 公園の木蓮の枝の先。 小さな蕾がふんわり。 光とともに膨らみ始めています。 春節から初めての満月を迎えた昨日。 ひとつよがの春のランチ会でした。 昨年のチェアヨガイベントでお世話になった チュニジア料理のカフェ・ベルベルさんにて。 温かいサラダ=メシュイ(焼き野菜のペーストサラダ)。 スペインオムレツのようなタジンにはひよこ豆が入っていました。 フェタチーズたっぷりのサラダ。 メインにはラクダ肉とお野菜の煮込み&クスクス。 ラクダのお肉! 初めてです。 癖もなく牛すね肉に近いかなぁー。 野菜のお出汁がクスクスに染みこんで 美味しくいただきました。 ボリュームたっぷりのお食事に満腹中枢が刺激されたころ・・・。 ご主人のハマディさんが棚からなにやら布ものを。 近くに座っている方から あれよあれよという間に チュニジア衣装のプチコスプレ大会。 着せられている方も 見ている方も もう笑いが止まりません。 ターバンの巻き方は それぞれの民族によって異なるのだそう。 どんな巻き方をしているかで どこ出身なのか分かるんですねー! いつだって 楽しい時間はあっという間。 春節が終わったばかりで 帰国中の方や旅先にいる方、 ご参加できなかった方も次の機会にまた^^。 ご参加いただいた皆様。 貴重なお時間をありがとうございました。 こうして 上海という土地でも 素敵な優しい笑顔に囲まれて 時間を過ごせること 多くの方が 限られた駐在期間だったりする

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now