陰ヨガ 土用の経絡 胃・脾

昨日4月17日はは土用入りでした。 春の土用は5月4日まで続きます。 5月5日が立夏。 夏を迎えるというわけです。 あれ? 土用というと・・・。 『夏の土用』 『土用丑の日』 『うなぎの日!』 という連想になりますが(笑)。 土用は年に4回訪れます。 土用は「季節と季節の間」。 つまり季節の変わり目です。 年に4回の土用とは。 立春までの18日:冬の土用 立夏までの18日:春の土用 立秋までの18日:夏の土用 立冬までの18日:秋の土用 それぞれの土用が明けると 次の季節が訪れます。 春・夏・秋・冬。 それぞれ72~74日間。 そして4回の土用(18日×4)72日 合計で365日=1年間 となります。 【2018年の土用】はいつでしょう? 冬の土用:1/7~2/3 春の土用:4/17~5/4 夏の土用:7/20~8/6 秋の土用:10/20~11/7 最初に書いたように 昨日が【春の土用入り】でした。 ということで。 昨日の陰ヨガクラスより 【土用の経絡 胃と脾の経絡】へのアプローチ。 【陰陽五行論】 土用のエレメンツ(元素):土 大地そのものは安定しているようで 実際は その大地も季節や気候によって変化します。 土の性質:安定と変容 交替 調和 大地のようにどっしりと安定しつつも 季節や気候による変化を受け容れ 調和させる性質があります。 土の機能: 変容・運搬・集積・吸収・消化・滋養・免疫・代謝 臓器と経絡:胃(陽)・脾(陰) *経絡とは「気・血・水」を全身に運ぶ通路で、全身に網の目の様に張り巡らされているものです。 そうそう。 胃腸の調子が悪い時。 口の周りに吹き出物が

春のドイツ ワイン農家レストランBesen ベーゼン

去年12月に予定していた夫の故郷ドイツへのホームリーブ。 4ケ月ほど遅れて春の里帰りとなりました。 滞在は短く4泊のみですが 久しぶりの春のドイツを満喫してきました。 長くて寒く厳しいドイツの冬を終えて イースターとともに春の訪れを迎えるこの季節。 水仙やれんぎょう。 桜やマグノリア。 どこもかしこも 花盛りです。 自然のエネルギーが溢れんばかり。 春の優しい陽光が大地に届き、 その温もりが柔らかな息吹とともに 眩しい輝きを放っているようでした。 枝の先には小さな蕾や芽。 今か今かと 開く時を待ち望んでいます。 もちろん人々も。 重いコートを脱いで。 さすがはドイツ。 大好きなビールを片手に。 老若男女。 まるでお祭りのような金曜の夕方の風景。 ​上海から行くと (最近は大分よくなったとは言えども・・) 青い空、澄んだ空気は何よりも贅沢。 淀みのない空気の中。 知らず知らずに呼吸も自然と深くなっている。 身体が 肺が 心臓も脳も 血管も。 自ら新鮮な酸素を取り込もうとしているのが分かります。 そして。 美味しいのは空気だけでなく・・・ ドイツご飯も!! (これはカラダというより【欲】というマインドが働く!) ドイツに住み始めたばかりのころ。 和食が恋しくて恋しくて どーんと重いドイツ料理にうんざりしていたのに。 今となっては 普通のパンも 何気ないソーセージも 全部美味しく感じてしまう。 今回 ドイツについて最初に食べたのが Curry Wurst(カレーソーセージ)という。 笑。 なんでしょう。 このB級グルメの美味しさ。 短期間での滞在となると あれもこれも

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now