陰ヨガ 夏の経絡 心・小腸

こんにちは。 いつもありがとうございます。 暦の上では5月5日の立夏に夏を迎えていました。 5月と言うと爽やかな初夏というイメージですが ここ数日は30度を軽く超え すでに37度の日まで。 猛暑日が続いている上海です。 旧フランス租界の街路樹プラタナス。 あっという間に手のひら以上の大きな葉を茂らせて 夏の陽射しからの日傘代わりに。 ひとつよがの陰ヨガクラス。 夏の経絡へのアプローチ始めました。 (「冷やし中華始めました。」みたいですね 笑) 【陰陽五行論】 夏の要素:火 性質: 火のように熱い 物を燃やす性質 急成長 上昇・高揚 機能: 循環・睡眠・意識・感情・記憶 経絡:小腸(陽)・心(陰) *経絡とは「気・血・水」を全身に運ぶ通路で、全身に網の目の様に張り巡らされているものです。 【心・小腸の経絡】の 気の乱れによる不調 ・気力・集中力の低下 ・不眠・多夢・昼の眠気 ・落ち着かない ・下痢・腹痛 ・息切れ・動悸異常・不整脈 ・燃え尽き症候群 ・倦怠感・疲労感 ・血流の滞り・顔色が優れない ・突発的な発汗 強く現れる感情: 喜び ・ 興奮 ・ 愛 ⇔ 落ち込み ・ 憎しみ 〖心と小腸の気〗が調和していると 内面の満足と幸せ・安心感 を感じられる 〖心と小腸の気〗が健全であると 困難にも柔軟に立ち向かうことができる 〖心と小腸の気〗のバランスが崩れると 落ち込み・憎しみ・憂鬱 の感情が生まれる 方向・方角:上昇・南 気候:熱 色:赤 味覚:苦 体内組織:血管 感覚器官:舌  排出液:汗 心臓・小腸: (ここではあえて西洋医学的な臓器としての位置・機能も含めて

ジヴァムクティヨガ ワークショップ@上海

Maki Yogaオーガナイズでのワークショップのお知らせです。 ジヴァムクティヨガ ワークショップ 上海 2018年 6月7日(木) 8日(金) 10(日) ジヴァムクティヨガ 1984年にSharon Gannon先生とDavid Life先生によりニューヨークに設立される。 JIVAMUKTI(ジヴァムクティ)とは、 「生きてる中で、小さい自己から解放されている人」 という意味です。 ジヴァムクティヨガのレッスンではアーサナだけでは無く、 アヒムサ(非暴力、思いやり) バクティ(神への献身) ナダ(音、振動) ディヤナ(瞑想) シャストラ(古代経典の勉強) この5つの教えをもとにおこなわれています。 お時間のある方、ジヴァムクティって何?って方、是非参加してみてはいかがでしょうか。 そしてもちろん、Maki先生との再会も楽しみですねー! お問合せ・ご予約はMaki Yogaまで。 Maki Yoga 携帯:13788975752 WeChat ID:mappon (Makiさんと面識のない方は、連絡の際に私の名前を出しで頂いてOKです。) 以下 内容・詳細、そのままシェアしますね。 6月7日(木)、8日(金)、10(日) 上海 Tomo 先生によるジヴァムクティヨガのワークショップのお知らせになります! 私はジヴァムクティのクラスで他者のために自身の練習を捧げるという教えが好きです。 今回は、アーサナ(ポーズ)の練習だけではなく、哲学や瞑想と呼吸のクラスも開講しています。 ヨガ初めての方でも参加できる内容となっていますので、たくさんの方の参加お待ちしております。 上海

ニュージーランド 北島を巡る旅 そのⅢ

今回でニュージーランドの旅報告も最終回です。 もう少し。 宜しければお付き合いください^^。 いよいよ 北島 最南端に位置する 首都ウェリントンも近づいてきました。 そして旅の折り返し。 帰路は再びオークランド目指して島の中心を北上です。 オークランドを出発して6日目。 雨に見舞われた海の街、ギズボーンを後に 北島の東海岸を210kmほど南下したところにある 『アールデコの町』へ向かいます。 途中のランチ休憩は 田舎の国道沿いにある小さな街ワイロアで。 なんとも懐かしい雰囲気のベイカリー。 OSLER'S BAKERY。 イギリス名物のミートパイと マオリパンのサンドイッチ。 ベイカリーをオープンしたころの写真が壁に。 19世紀中ごろ。 イギリスにより統治が始まって ヨーロッパからの入植が始まった頃でしょうね。 Napier ネイピア この旅4つ目の滞在地(1泊)。 ネイピア。 なんとなく聞き覚えのあるような町の名。 と思ったら。 日本の製紙会社へのパルプを供給している町。 有名なティッシュペイパーの名前は この町の名前に由来していました。 なるほど。 NLは羊だけでなく 木材・パルプ・紙の生産も多いのですね。 大きな木材を積載したトレイラーをよく目にしました。 夕方、ネイピアに到着。 残念ながらこの日も雨。 それも大雨::。 やっと小降りになった夕方に街歩き。 何層もの厚い雲が低く垂れ込み 雨の湿気を含んだ空気 海岸沿いはとても幻想的を映し出していました。 まるで映画の中の風景。 日本同様、火山が多く地震も多いNL。 ネイピアは 1931年の大地震で壊滅的な被害を受

ニュージーランド 北島を巡る旅 そのⅡ

いつもありがとうございます。 もう暫くNLの旅の報告にお付き合いくださいませm(_ _)m。 次の経由地は NL北島の中央部にある観光名所ロトルアです。 この旅で一番長く滞在(3泊)する街。 オークランドから南に230km。 そう言えばニュージーランドと言えば。 羊。 イメージしていた 壮大な放牧の景色。 まだ見ていません。 どこにいるんだろう。 牛や馬は時おり目に飛び込んでくるのですが。 ようやく出会った羊は・・・かなり巨大なこちら 笑 でっかい。 RUTORUA ルトルア 人口58,000人弱。 もともと先住民マオリの人口が多かった街。 地名もマオリ語で『第二の湖』という意味の火山湖ロトルア湖から。 Lake Rotorua ロトルア レイク 北島で二番目に大きいルトルア湖は一周約40km。 街に近い湖畔は公園になっています。 大人も 子供も 鴨もあひるも カモメも黒鳥も。 同じ時間 同じ場所で それぞれに 自然を満喫しています。 湖の側に優雅な雰囲気で佇むロトルア博物館。 ニュージーランド政府が観光業への最初の投資として設立した建物。 そしてその隣にはなんとも優雅な雰囲気のブルー・バス。 Ohinemutu Maori Village オヒネムツ・マオリ・ヴィレッジ 街の中心からほど近いところにある先住民マオリの集落。 赤土色の屋根、柱や梁が特徴的な 教会や集会所があります。 のんびり散策していると 自転車に乗ったやんちゃそうなマオリの子供たち。 『名前なんて言うの~?』と 何度も 何度も 聞いてくる。 自転車でぐるぐる回りながら 戻って来て、もう一度。 『名前なんて

ニュージーランド 北島を巡る旅 そのⅠ

労働節のお休みに。 夏が近づく上海から 秋も深まり 冬が訪れ始める南半球へ。 初めて訪れる国。 New Zealand ニュージーランド。 上海から南へ9,376km。 直行便でオークランドまで11時間半の空の旅。 のはずが・・・。 直前のアナウンスで経由便に変更 www。 少し前に起きたアメリカのサウスウエスト航空の事故。 (エンジン爆発 > 破片で客室の窓が破損) 記憶に新しいですよね。 それと同じ機種ということを踏まえ 安全のため中間地点のグアムに一旦着陸して給油するとのアナウンスが。 でも安全第一ですからね。 仕方ない。 そして席は 窓際のエンジンのすぐ脇 ^^;。 何はともあれ 無事に旅のスタートです。 機内2泊 現地(6ケ所)10泊 。 レンタカーの旅。 運転は夫Wenちゃんです。 いつもいつもありがとう。 道程: Auckland オークランド 2泊 ↓ Rotorua ロトルア 3泊 ↓ Gisbone ギズボーン 1泊 ↓ Napier ネーピア 1泊 ↓ Wellington ウェリントン 2泊 ↓ Taupo タウポ 1泊 ↓ オークランド(空港) 北島の東側から南下しつつ 首都ウェリントンを目指します。 そこから再び島の中心を北上しながらオークランド(空港)に戻ります。 そして今更ですが。 ニュージーランド(以下NL)って思っていた以上に オーストラリアから更に南なんですね。 そのすぐ南にはもう南極大陸。 入国はNL最大の都市オークランド。 328mのスカイタワーは 南半球で最も高いタワーだそう。 AUCKLAND オークランド 晩秋。 オークラ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now