陰ヨガ 秋の経絡 肺・大腸

こんにちは。 暑かった夏が行きつ戻りつ ゆっくりと過ぎていきます。 先月の20日から8月6日までの【夏の土用】を経て 暦の上では8月7日に立秋を迎えました。 近くの公園の百日紅(さるすべり)の花。 涼しい秋の風に心地よさそうです。 この夏、上海は去年の40度超えまでいかなかったものの 夜になっても30度を下らない熱帯夜の日々でした。 アジアのみならず欧州でも暑さの厳しい夏でしたね。 どうぞ夏疲れなどされていませんように。 暑さ疲れとともに 思いのほか身体に冷えもたまっています。 夏に摂取した冷たい食べ物や飲み物、 またエアコンによる冷え。 溜め込んだ水分や冷えが『水毒』として 鼻水や痰として現れたり 発汗作用の不調から肌のトラブルにもつながることも。 お腹周りの冷えは下痢や便秘を引き起こしたり。 感情面では訳もなくもの悲しくなったり 鬱々してしまったり。 これらの症状は秋の経絡【肺と大腸の経絡】とも深くかかわっています。 ひとつよがの陰ヨガクラスでは 残暑を意識しつつも 秋の経絡へのアプローチを始めています。 【陰陽五行論】 五行の季節 五行の関係 秋のエレメンツ(元素):金 金の性質:下降・沈む ・・・自然界でも樹々から葉が落ちる季節です。 金の機能:収穫 ・・・熟した実や果実の収穫の秋。 =不要なものは手放し、必要な滋養を得る 季節:秋 方角:西 気候:乾燥 色:白 ・・・肺の機能の不調がある場合、皮膚や顔色が青白くなる 味覚:辛さ ・・・摂取したい旬の食べ物は大根・レンコン・ネギ・生姜など 体内組織:皮膚 ・・・皮膚呼吸を行い第三の肺とも言われています。 感覚器

ガネーシャ गणेश   gaṇeśa

こんにちは。 いつもありがとうございます。 今日はガネーシャのお話。 YOGAをしていると出会う機会も増えますね。 インド料理のお店やアジア系の雑貨やさんなどでもよく見かけます。 象の頭を持ったガネーシャ神。 そしてその何やら怪しげな目。 一度見たらそのインパクトの強烈さに記憶に残ります。 ヨガスタジオにシンボル的に置かれていたり描かれていたり。 いつの間にかオタク心が刺激され・・・。 この前のバリ島の旅で撮った写真の中でも多かった! ガネーシャのパパラッチのごとく 見つけると撮ってしまっていたようで。笑 そのままお蔵入りさせてしまうのもなんなので ガネーシャの物語とともにブログに掲載してみます。 ガネーシャ神 गणेश gaṇeśa インドの神様で最も人気のある神様のひとりです。 別の呼び方では、 大衆(ガナ)の最高の指導者(パティ)。 ガナパティとも言われます。 商売繁盛・学問の神・技芸の神・医術の神。 自我(エゴ)への執着から生まれる苦しみからの解放。 精神的にも人生におけるあらゆる障害を取り除いてくれる。 とにかく 全ての事象を司る万能の神であり師であるとされています。 人気なのもうなずけます。 このすごい神様。 誕生物語がまた面白い! ガネーシャは インドの三大神(*)のうちの一人シヴァ神とその妻パールヴァティ―女神の息子。 簡潔にかかれている解説によると・・・ ある日、パールヴァティ―女神が自分の垢(!)を練って 人形を作り息を吹き込んだのがガネーシャ・・・・ 素朴な疑問・・・。 『え?!垢だけで人形が作れるの?! ものすごい量の垢ってこと?!』 (そも

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now