ポーランドの旅の続き クラクフとポーランドの美味しいもの

前回の旅報告からすっかり時間が経ってしまいました 汗。 今更感がありありですが・・・自分の記憶のためにも。 宜しければお付き合いくださいませ。 友人夫婦に見送られ田舎道を2時間半ほどドライブ。 ポーランドの南にある古都Krakowクラクフへ向かいます。 クラクフは11世紀から16世紀にポーランド大国の首都として栄えた都。 人口76万人。 戦争での壊滅的な被害を免れ 歴史的な街並みは世界遺産にも登録されています。 長い長い年月をかけて人々や馬車の往来によって つるつるに磨かれた石畳。 雨上がりには鏡のように青空を映し出していました。 ため息がでるほどの美しさ。 時を経ることでしか生み出すことのできない輝き。 そして今この瞬間もその歴史の一部になること。 この先もこの美しさが保たれますように。 さらに輝きますように。 空模様も刻々と変わる。 雨が降ったりやんだり。 空気は冬のようにきりりと冷たい。 馬車の御者の方々もしっかり防寒しています。 歴代ポーランド王の居城だったヴァヴェル城。 大聖堂、王宮、墓所を抱えています。 数百年の間に増改築されたため建築様式も混在しています。 クラクフは当時国内で最も多くのユダヤ人が住んでいた町でもありました。 その名残があちこちに。 例えばクラクフ名物のブルーの屋台。 ユダヤ人が多く住んでいたこの町で食べられていたのがオブヴァジャネック。 今ではよく知られているベーグルの原型です。 ユダヤ人街ガジミエシュ地区。 アーチ状の天井が素晴らしい本屋さん。 ユダヤ人の歴史や文化に関わる書籍を取り扱っています。 そして旅の楽しみと言えば。 その土

Dziękuję! ポーランドへ。

こんにちは。 国慶節のお休みはもうひとつの里帰り、ドイツへのホームリーブ。 今回は少しばかり寄り道を。 友人夫婦が住むポーランドへ。 彼らとの出会いは10年前の上海。 その後お互いに異動があっても 日本やドイツであったり そして今回はポーランドで! フランクフルトから1時間ほどのフライトKrakowへ。 そこから更に車で2時間ちょっと。 南ポーランドにある人口2200人ほどの 小さな小さな村を訪ねます。 大きな庭のある赤い屋根の緑の一軒家。 住む人の温かさや優しさ、素朴さが散りばめられた 本当に素敵なお宅。 家の前にあるリンゴの木から採れたリンゴで焼いてくれたシンプルなリンゴケーキ。 りんごの酸味とほどよい甘さで長旅の疲れがあっと言う間に癒されます。 荷物をおいて家の近所をお散歩。 田舎道を歩いて 小さな教会を覗いたり パン屋さんや小さなスーパーで必要なものを買ったり。 お散歩から戻ったら夕食のための火をおこす準備が始まります。 焚火のための薪は全て庭から。 枯れたり嵐で倒れた木を利用します。 焚火を囲んで ソーセージをみんなそれぞれに真剣に焼く。 真面目にね。 丁寧にね。 パンやチーズ、小さなソーセージはバーベキューで。 お腹いっぱいになったら 炎を囲んで。 なんて豊かな時間でしょう。 童心を取り戻す 大人のこども時間。 翌朝の朝食。 広い庭のあちらこちらに自生しているキノコ狩りから。 バターマッシュルームというきのこ。 大きいけれど なめこのようにぬめりが出ます。 ひとつひとつ丁寧に下ごしらえをして。 ジクも刻んで頂きます。 バターでソテーしたら卵を絡めて。 新鮮で優し

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now