タイ チェンマイの旅③ ニマンヘミン・市場・旅ごはん

こんにちは。 タイ・チェンマイの旅記録もようやく最終回。 お付き合い頂きありがとうございます。 今回は・・・。 ・オシャレエリア Nimmahaemin ニマンヘミン ・市場と夜市 ・北タイ料理 Nimmanhaemin ニマンヘミン チェンマイの旧市街地の西端から2キロほどのところにあるオシャレなエリア。 (発音はニーマンへーミンなのかニマンヘミンなのか?!) 少し前までは田んぼが広がる田舎の風景だったらしいです。 そこに少しづつホテルや別荘、 お洒落なお店やカフェ、レストランが徐々に増加。 近くにチェンマイ大学があることも一役かって若者が集まり、 そして今では多くの観光客も訪れるようになったとのこと。 大きなショッピングモールも出現し まだまだ賑やかになっていきそうな勢いです。 変わった名前のニマンヘミン通り。 ネットで由来を調べてみました。 古くからこの辺りの土地を所有していた華僑の名家、 ニマンヘミン氏の名前からだそうです。 お寺に行くためにニマンヘミン家の私有地を無断で横切ることも出来ず 遠回りをしなくてはならなかった人々。 そこで私有地にお寺に続く新たな道を作り その道をチェンマイ市に寄付したのだそう。 当時の人々の嬉しそうな顔が目に浮かびます。 そのニマンヘミンの中心に 2018年にオープンしたばかりと言う≪One Nimman≫。 煉瓦作りの歴史建造物のようであり、かつ開放的な商業施設。 高い高い天井から自然光が注ぎ込むクラッシクなスタイルのアーケード。 タイ各地からの観光客にも人気のようです。 チェンマイでもカフェブーム。 あちこちに素敵なそして美味しいカ

タイ チェンマイの旅②ヨガ & マッサージ

Yoga @ Chiang Mai チェンマイはヨギー&ヨギーニにも馴染みのある街。 ヨガスタジオも多く 通常のクラスはもちろんのこと リトリートやティーチャートレーニングも開催されています。 いつものように グーグル先生にヨガスタジオ情報を聞いてみます。 いろいろ教えてくれるので 行きやすい場所 時間帯や内容を確認 英語でのクラス ドロップイン可能のスタジオを選びます。 あとは開始時間の15分くらい前に行くだけ。 長期滞在で同じスタジオに何度も通えそうであれば お得なチケット購入を。 短期滞在だったりいくつかのスタジオを試したいなら 一回づつのプライスで。 ほとんどのスタジオが ヨガマットなどのプロップスも無料。 動きやすい恰好、タオルやお水のみ持参で 気軽に参加できます。 南国(特に東南アジアやハワイなどの観光地)には ヨガスタジオがたくさんあります。 そしてティーチャーも外国人の場合も多い。 現地のティーチャーも英語でクラスを行っています。 参加者も各国からの旅人が多いので アウェイ感がまったくなく居心地が良いのです。 今回訪れたスタジオ。 それぞれホテルから歩ける旧市街地にありました。 Hidden House Yoga タイの伝統的な家屋にあるスタジオ。 木造建築の高床式。 木の風合いがとても優しい。 南国の乾季の風を満喫です。 窓が空いているだけで解放感が何倍にも感じられます。 いつも練習しているのは上海という大都会の真ん中。 コンクリートの密閉されたビル。 都会と言う場所柄、外から守られている空間です。 ある意味、大都市ではそこが安心できる場所。 もちろんとてもあ

タイ チェンマイの旅① 寺院巡り

寺院巡り。 チェンマイのお寺で考えたこと。 だいぶ時間が過ぎてしまいましたが(汗)。 去年12月下旬の旅記録です。 タイ北部の古都チェンマイ。 乾季まっただなかのタイ。 毎日毎日、本当に吸い込まれてしまいそうなほどの高い高い青空。 喧噪とエネルギーに溢れた首都バンコクとはまったく違う国のように思えてしまう。 ゆったりとした穏やかな時間がチェンマイには流れていました。 いつか歩いたような かつて眺めていたような そんな道が、風景が、続いています。 開発とスピードにあふれた上海とは正反対にあるような この見事な青い空と ノスタルジックな時空間。 でも同じアジアの匂い。 慣れるまでのしばらくの間 なんとも不思議な 少し浮遊感すらある その感覚の中を漂う。 そして。 日が暮れるとまた違った表情を見せてくれる街。 昼間の陽射しに火照った身体を 満月の月光浴をしながら熱を冷ましているトゥクトゥク。 城壁に囲まれた旧市街。 どこからともなくやってきて工芸品を売り始めた少数民族の人々。 異国の夜を散歩する 異国の私たち。 旅に来たなぁとしみじみ思わせてくれる風景です。 チェンマイの見どころと言えば。 何といっても土地の歴史を 人々を 見守ってきた寺院の数々。 古より変わらず人々の生活に寄り添ってきたお寺や仏教の教え。 何百年もの間に いったい どれくらいの人が それぞれの寺院で祈ってきたことでしょう。 胸の前で手を合わせ あるいは 頭を垂れたり 天を仰いだり。 ----祈る ----願う という人間の行為。 どれだけ時代が移り変わっても たとえその形式が変化したとしても 途切れることなく綿綿と

謹賀新年 2019年

改めまして。 2019年。 明けましておめでとうございます。 皆様にとって この一年も 健やかで 平和な年になりますように。 年末年始は実家のある新潟で過ごしてきました。 大みそかには白山神社にお礼参りに。 元旦には雪景色の中、法華宗総本山 本成寺へ。 そして早々に (上海⇔新潟の直行便のスケジュールが水・土の週二回) 新年2日には上海戻りました。 こちらに戻ると人の流れや街の雰囲気で一気に平日モード。 中国や中華圏では旧暦に従い 今年は2月5日(火)に春節=新年を迎えます。 2018年から2019年にかけての 中国での旧暦年末年始のカレンダーはこんな感じです。 中国や中華圏とのお取引をされている方、 またその時期に中華圏へのご旅行予定の方、 仕事もお店もお休みだったりするので要注意です^^。 自分自身を置く環境(文化圏)が変わるだけで 頭の中=思考やマインドの一部の状態が その環境に順応してしまう。 適応性がいいのか はたまた 流されやすいのか 笑。 移動とともに 再び年末にもどってしまったような 春節を迎えるまでなんとなく 新年のスイッチが完全にONにならないというか。 こちらにいると 毎年12月のクリスマスシーズンから 春節明けまでは 長い長い年末年始を過ごしている感覚です。 花市場でもこれから迎える春節飾りや植物でにぎわい始めました。 我が家も今度は春節にむけて 蠟梅と春節飾りを。 明日からひとつよがもスタートです。 この一年もまた楽しいヨガライフをご一緒出来ますように! 今年もどうぞよろしくお願いいたします! ナマステ。 クラス詳細はこちらから。 Instagramで

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now