屋久島 ひとり旅 其の一 縄文杉編

2019年の10月半ば過ぎ。 上海駐在もおそらく年内いっぱいになりそうだなぁという頃。 ドイツへの異動になったら行きにくくなりそうな場所は・・と考えた。 ふむ。ヨガと言えばインドだよなぁ。 インドは前職時代に出張で行ったきり。 (ニューデリ、アグラ、ムンバイ) そう言えばヨガを始めてからは行ってないなぁ。 ちょっと気になっているインド・リトリートもある。 ところが、なんだか連絡がスムーズにいかない。 同時に、自分の内側で、今、本当にインドに行きたいのか? インドで何したいの? ヨガ? 上海のスタジオでもインド人の先生に教わっているのに? そんな質疑応答が内側から聞こえてくる。 なんか違うな。 今私が行くところはインドじゃないな、と。 そんな時に視界に飛び込んできた一冊の本。 特別に大切に感じる本は読み終えた後も近くに置いてある。 『聖なる地球の集いかな』 対話形式で構成されているこの本の著者の一人である山尾三省さん。 詩人でもある山尾さんが、インドやネパールの巡礼の旅をした後、 最終的に移住し暮らしたのが屋久島(山尾三省さんは2001年に63歳で逝去)。 屋久島! 行くべきところから語り掛けられ、呼ばれているような気になる。 勝手な思い込み & こじつけ かもしれないけれどそんなことはどうでもいい。 今、行くべきところは屋久島! 2019年11月20日~23日 屋久島三泊ひとり旅 屋久島と言えばもちろん縄文杉トレッキング。 往復10時間のコース。 ひとり歩きはさすがに不安。 フライト+宿+トレッキングを組み合わせたツアーを探す。 上海からは、鹿児島や福岡へ飛んだ方が距離的にはか

11年振りのドイツ生活スタート

こんにちは。 ブログを随分とご無沙汰してしまいました。 4年の上海生活を終え 2020年の年明けとともに(まさに1月1日から!) 11年振りのドイツ生活が始まりました。 とは言え、船便の荷物到着が2月半ばなので新居を探したりと、3月までは仮住まい。 現在はミュンヘンから南に50kmほどのところにあるTegernsee(テーガンゼー)という 湖畔の小さな村のFerienwohnung(ホリデーハウス)で過ごしています。 大都会、高層マンションや 華やかでエネルギッシュな上海とは打って変わって 山と森と湖のある大自然に囲まれた山の暮らし。 身体も心も魂も喜んでいるのが分かります。 ここのところインスタグラムやフェイスブックのみで 暫くブログをお休みしてしまいましたが 新しい生活とともに、ぼちぼちとブログも再開していこうと思います。 ヨガのことはもちろん、期間限定の山の暮らしやドイツ生活のこと。 そしてブログをさぼっていた間の、書き残しておきたかったこと。 過去ログになりますが、静かな山の暮らしの間に記憶をたどり 振り返りながら綴っていきたいなと思います。 お付き合いいただけると嬉しいです。 そして、これからのドイツでの新たな出会いも楽しみにしています。 ご縁あってこのホームページやブログを見つけたくださった方、 ヨガにご興味のある方、練習したい方、ヨガトークしたい方、 ご連絡やメッセージお待ちしております。 もちろん、ヨガのことじゃなくてもお気軽にコンタクトしてくださいね。 山のお家でのセルフプラクティス。 窓から見える自然と冬のきりりとし空気に 日々呼吸が深まり心身ともに浄化され

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now