屋久島ひとり旅 其の二 もののけの森 白谷雲水狭

縄文杉トレッキングを無事に終えてホテルに戻る。 降り始めた雨もやんで柔らかな夕焼け空が広がっていました。 今回お世話になったホテルはシーサイドホテル屋久島。 とても素晴らしいお部屋でした。 温泉付きということに惹かれて選んだので 昔ながらの温泉宿的な部屋かと思いきや 新館のとてもモダンなお部屋。 海に面した広いテラス付き。 キングサイズのベッドがふたつの ひとり旅には贅沢過ぎる空間。 たくさんの修学旅行の高校生たちが泊まっていたのですが (屋久杉ツアーで度々追い越されたあの子たち!) その学生の団体が旧館に宿泊していたので ホテル側のご配慮で新館の真新しい部屋をご用意してくださったのかもしれません。 ありがとうございます。 そして昨日と同じように ツアー会社から明日のトレッキングの案内。 なんと明日の参加人数は 私ひとり! 夜も更けた頃には雲行きが怪しくなってきました。 11月下旬というのに台風が近づいているという。 海の風に煽られた波や雨音が徐々に大きくなっていく。 明日は本当に決行できるのか? そんな心配をしつつも 心地よい疲労感とともに この日も早めに就寝。 朝起きると引き続き強めの雨。 この雨では登山はきっと無理だなー。 中止だろうなー。 まあ仕方ないよねー。 などとかなり消極的な心持ちで ホテルのロビーで今日のガイドさんを待つ。 真鍋さん。 どんな方かなーーー。 参加者ひとり、一対一だから 余計に気になるところ。 程なくして現れたのは 50代後半?くらいに見える小柄な男性。 (あとから知ったのですがもうすぐ70歳とのこと!) 挨拶をすませて 雨だけれど大丈夫ですか?

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now