陰ヨガ 陰陽五行と感情

嬉しい時と悲しい時。

不安な時とリラックスしている時。

怒っている時と優しい気持ちの時。 それぞれの表情や、姿勢、体勢、

呼吸の状態を思い浮かべてみましょう。

嬉しい時は胸の前が広がり、口元も口角が上がります。 逆に悲しい時は胸の前が閉じ肩が丸まり、視線も下向きになりがちです。 怒りが湧き起こっている時は、身体が強ばり、 奥歯を噛みしめたり、険しい表情や粗い呼吸。 安心している時、優しい気持ちのときは表情も柔らかく、 身体の緊張もいい具合に抜けています。 こうして見ると、抱えている感情や精神状態と、 身体の状態には深い関わりがありそうです。

陰陽五行論ではそれぞれの感情を『五行』に当てはめ、 経絡や内臓とも深い関係があると説いています。

例えば、[怒り] の感情は五行では[木] にあたり、 経絡と内臓では [肝臓と胆嚢] に関連しています。 イライラしたり、かっとなりやすい感情は春に現れ易く、 肝と胆の経絡の滞りが疑われます。

冬であれば、恐怖。五行では [水] で経絡と内臓は [膀胱と腎]。 子供が怖い夢を見ておねしょをしたり、 怖いお化け屋敷でおもらしをしたりしますね。 恐怖の感情と、尿を司る臓器である膀胱や腎の関係性が伺えます。 ストレスや不安が多い時は胃が弱ったり、 悲しみや寂しさから身体を丸めることで肺の動きが制限され、 呼吸を浅くしてしまったり。

どこかひとつの不調から、また次の不調を引き起こすスパイラルも始まります。 もし、身体に何らかの不調やちょっとした違和感を感じている場合、 ご自身の感情や精神状態にも気付いてみましょう。 精神面が解放されることで、身体の不調が緩和されたり、 逆に身体を緩めることで、不快な感情から解放されることもあります。 陰ヨガの時間で自分自身の心身一如に気づいて、 本来の快適なご自身の心身に近づけますように。 ____________________ 陰ヨガは、ヨガが初めての方、運動が苦手な方、身体の固い方も、無理なく行えます。 動きやすく温かい恰好でご参加ください。 補助用具として、クッションやタオルなどがあると、より快適にポーズを保持できます。 ____________________ ドロップイン ¥1300 / €11 (後払いでオッケーです。)

毎月1日から7日に発売のマンスリー¥6000/€50がお得です。 12月は✨Namaste 2020✨¥5000/€40にてご提供中です。(当月クラス受け放題) ____________________ ご予約は1時間前までオッケーです。 ヨガが始めての方、身体が固い方、 オンラインクラスが始めての方もお気軽にご参加ください。 詳細、お問い合わせご予約は、DMやコンタクトページからもどうぞ。 最後までお読みいただきありがとうございます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now