2015.12.22 冬至


冬至を迎えたら翌日から昼の長さが少しづつ伸びていく。 大きなエネルギーの折り返しの時。

ひとつよが@白楽の最終日を迎えました。

冬至のこの日に節目を迎えることができたのも なんだかとても感慨深く。

内からと外からの大きなエネルギーが こうした日々の連続を組み立ててくれ 現象を目の前に繰り広げてくれました。

支えられて一歩を踏み出し 後押しされてもう一歩 そして一緒にもう一歩 徐々に次の一歩が自ら運べるように。

そしたら たくさんの笑顔に囲まれていました。

ヨガを通じて繋がった仲間や友人。 そしてそこからまた繋がっていく関係。

『ひとつよが』の名前には 〈ココロとカラダをひとつにつなげていくこと〉と同時に 〈ひと+つながる+よが〉の意味も込めていました。

嬉しさと有り難さが大きすぎて すぐにまた集まれるような錯覚で 寂しさは不思議とまだ湧き出てきません。

今月に入って いつものメンバーに加え 遠くから会いに来てくれた人も 本当にありがとうございました。 (写真を撮るのを失念していました ><;)

必ずまたどこかで会えると信じて。

抱えきれないほどたくさんいただいた大きくて暖かなキモチ。

皆様に 心からメリークリスマス! 心の底から最大限に。 ありがとうございました。 写真はFBページ(公開ページよりご覧ください) https://www.facebook.com/hitotsuyoga/


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now