国際ヨガの日


今日、6月21日はインド政府が2015年に創設された『国際ヨガの日』。 インドではモディ首相とが3.5万人もの市民と一緒にヨガを行ったそうです。

様子の動画はこちら。

迫力満点ですね~!

ということで、 国際ヨガの日に 改めてYOGAってなぁに?を。

『ヨーガスートラ』

紀元前5-3世紀にパタンジャリ先生によって記されました。

YOGAの教えの195の詩が、4章に編集されています。

第一章は【サマーディ・パダ】ヨガとは何か 第二章は【サーダナ・パダ】ヨガの練習法 第三章は【ヴィブーティ・パダ】瞑想(成就) 第四章は【カイヴァリヤ・パダ】自由の境地・悟り

この教典の

第一章の2節目の詩がまさに

『YOGAとは何か?』

を詩っています。

*ふたつの日本語訳を引用させてもらいます。

◇第一章:2 【YOGAS CHITTA VRITTI NIRODAHA】 ヨーガハ チッタ ヴルッティ ニローダハ

(サンスクリット語)

引用1----ヨーガとは、考えの動きを静かに収めることです 『やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ』 向井田みお著書より

引用2----心の作用を止滅することが、ヨーガである 『インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ』 スワミ・サッチダーナンダ著/伊藤久子訳より

ヨーガハ・チッタ・ブリッティ・ニローダ。

この一節を知るだけでも

自分自身のYOGAが更に深まり

そして

YOGAに対する自分自身の思いも

変わってくるのではないでしょうか。

ここ20年くらいのあいだに

いろいろな流派やスタイルが生まれ 世界中で多くの方がYOGAを実践しています。

私ももちろんその一人。

そして一般的に

YOGAというと、アーサナ(ポーズ)を使ったスポーツ的なもの。 ダイエットからデトックス、軽い運動、リラックスのためのもの。

カラダを柔らかくして色んな複雑なポーズをとるもの。。。。。

などなど色々な目的で行われています。

もちろん、どんな目的でも

その方にとって

良い結果や効果をもたらしているのであればいいと思います。

今後もますます普及していけばいいなと思います。

でも もしもYOGAを深めて行くうちに

あるいはYOGAの練習前と練習後に

カラダだけではなく ココロやキモチ

意識や思考も変化していることに気付いたら。

是非『ヨーガスートラ』を手に取ってみてください。

アーサナ=YOGAと思われがちです。

アーサナはYOGAのほんの一部

YOGAの教典=ヨーガスートラには YOGAを説明する195もの詩の中で

アーサナに関する詩はたったひとつ

それが次の詩です。

◇第二章:46 STHIRA SUKHAM ASANAM スティラ スカン アーサナン

---安定して、快適な姿勢がアーサナです (向井田みお訳)

---アーサナ(座法)は、快適で安定したものでなければならない。 (スワミ・サッチダーナンダ著/伊藤久子訳)

「両足を骨盤幅に広げて・・・」 「両腕は方の高さに・・・」 「目線は伸ばした指先・・・」

など いっさい書かれていないのです^^。

(アーサナとはasアースという「座る・休む・住む」などの意味から派生したもの。 もともと、瞑想を行う時の姿勢を示していた。)

いつものYOGAのプラクティスに加えて YOGA哲学や本来のYOGAが伝えようとする教えに触れると ますますYOGAの奥深さや面白さに気づけます。

そしていつものアーサナの練習がさらに深まっていきます。

哲学というと少し難しそうにも思えます。

この2冊の本は ヨーガ・スートラの詩の解説本です。 私たちの普段の暮らしで起こることを例にあげた説明など 具体的でわかりやすく、読んでいても面白い。

人間の思考や行いをグループに分け分析することで 絡まっていた頭の中の思考の糸がすーーっとほどけたり。

瞑想方法についても詳しく言及されています。

195の詩がそれぞれ一つで完結しているので パラパラっとめくったページの詩を読んでも その時の教えや気づきがあります。

是非とも普段のプラクティスに加え 『ヨーガ・スートラ』も読んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ナマステ。


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now